カテゴリ:自然科学と技術( 7 )

2006/03/11(土) ネッシーは象?

英国はスコットランドのネス湖に住むとされる、謎の巨大生物“ネッシー”。

e0069848_959597.jpg実はサーカス団の象が水浴びしていた姿だったと、
グラスゴー大学職員のニール・クラーク氏が唱えた。

小学生の頃、子ども向け雑誌の中で初めて目にした
ネッシーの写真を思い出した。1934年4月、外科医
R・K・ウィルソンが撮影した、通称“外科医の写真”。

あの頃、少しはそれに浪漫を感じていたのになあ。
[PR]
by beach-village | 2006-03-11 23:56 | 自然科学と技術

2006/03/08(水) ハイブリッド車体傾斜システム。

e0069848_2139225.jpgJR北海道が昨日、気動車の車体を最大8度傾け、
時速140kmの高速でカーブ走行を可能とする、
世界初、「ハイブリッド車体傾斜システム」を発表。

3年後に新システム搭載車両による営業運転を目指し、
2015年の北海道新幹線開通後は新函館~札幌間に
投入する計画。

尼崎脱線事故は、これが有れば防げたのでは無いか。
JR西日本は、JR北海道の姿勢を少しは見習うべきだ。
[PR]
by beach-village | 2006-03-08 23:17 | 自然科学と技術

2006/02/18(土) フィリピン・レイテ島の地滑り。

e0069848_23593233.jpgフィリピン中部の南レイテ州(レイテ島)で17日朝、
豪雨による大規模な地滑りが発生。
家屋500棟と小学校等が土砂に埋まった。
少なくとも200人が死亡、1,500人が行方不明。

同島では約2週間にわたり、大雨が続いていた。
同地区の人口は約2,500人。
児童200人以上が居た小学校は当時授業中。

地元選出のメルカド下院議員は、過去30年間にわたり現場周辺で森林の違法伐採が
行われてきたとして、過度の伐採が被害を拡大した可能性を指摘。

レイテ島では91年、洪水と地滑りで約6,000人が死亡、03年にも133人が死亡。
天災と人災の複合災害で有るならば、これ以上、人間の愚行を重ねてはならぬ。

被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
[PR]
by beach-village | 2006-02-18 23:55 | 自然科学と技術

2006/02/03(金) “ど根性DNA”の摘出?

e0069848_7465771.jpg兵庫県相生市のアスファルト道を突き破って成長し、
水栽培で復活した“ど根性”大根「大ちゃん」が
先月28日しおれ始め、“集中治療室”に収容された。

そして今月2日、相生市は「自力再生を断念した」と発表。
茎と葉の分かれ目を切り取って培養する事にした。

今日、医農薬研究支援サービス会社「住化テクノサービス
宝塚市高司)で、「コピー大根」を作る為の“手術”を実施。
茎と葉の分かれ目部分から約0.5ミリの細片を11片採取。

同社は「極めて厳しい状況だが、培養して葉になる芽になればコピー大根も夢では無い」
としており、芽が伸びるかは約4週間後には判明するらしい。

「強い生命力に元気を貰った」と感動を与えた大ちゃんから採取した“ど根性DNA”。
私にも少し分けて頂きたいですな。それにしても、日本って平和なんですね。有り難や。
[PR]
by beach-village | 2006-02-03 23:46 | 自然科学と技術

2005/10/17(月) 部分月食。

e0069848_2375018.jpg
今夜は部分月食と聞いて、20時30分頃から庭に出てスタンバイ。

ところが、月に雲が重なり、月食が見られるかと随分心配したが、
最も大きく欠ける21時03分、雲は途切れ、下側がほんの少し欠けた月が現れた。

肉眼で見ていると、とても綺麗だったけど、
わが家の陳腐なデジカメで撮ったら、この程度になってしまった…。

撮影してすぐに、また大きな雲に隠れてしまい、観賞は21時04分に終了。

月食は、月と太陽の間に地球が有って、地球が影になって見えるもの。
日食は、太陽と地球の間に月が有って、月が影になって見えるもの。
どちらもつまり、地球と月と太陽が一直線上になって起きる現象。

それにしても、あれが地球の影だなんて。
あの影になってる部分は、どこの国が映ってるんだろうな。

こんな夜は、なんだか神秘的だな。
[PR]
by beach-village | 2005-10-17 23:03 | 自然科学と技術

2005/09/16(金) ロボット。

今日は、関西ニュービジネス協議会のITビジネス研究会・9月度研究会に参加。

NECシステムテクノロジー㈱システムテクノロジーラボラトリの所長、
島津秀雄氏による、同社開発のロボットについて講演いただいた。
e0069848_20343411.jpg

このロボットは、手に持った食べ物の「味覚」が分かるスグレモノ。
リンゴやパン、チーズ等を手に持たせて、わずか2秒で、
その種別や、熟し具合、糖度などを、声で説明する

そもそも「ロボット」とは、1920年、
カレル・チャペック(Karel Capek, 1890-1938 チェコ)が命名。
退屈な仕事」を意味する「ロボータ」が語源だそうだ。

二足歩行のASIMO(96年)、犬型ロボットAIBO(99年)など、
この10年間のロボットの進化は目覚しい。
経済産業省の試算(2004年4月)によると、
2025年にはロボット産業は4.8兆円規模になるらしい。

今年7月には「ロボカップ2005大阪大会」にも訪ねた。

「知恵のある人」と「退屈な仕事」。
近く到来するであろう、ホモ・サピエンスとロボットとの共存社会。
無限の創造が、そこに有る。
[PR]
by beach-village | 2005-09-16 22:32 | 自然科学と技術

2005/09/09(金) 庭で見つけたやさしい風景。

今朝、庭先で。

なんだか朝から
やさしい気持にさせてくれました。

夕方、突然の大雨。
仕事から帰ってきて、庭に出てみれば、

まだその親子は、
じっとそこに居ました。

e0069848_21285615.jpg
[PR]
by beach-village | 2005-09-09 21:31 | 自然科学と技術