2006年 03月 27日 ( 1 )

2006/03/27(月) 再雇用対応65歳まで延長。

昨日、住宅ローンが65歳まで続く事について触れたが、
今日のニュースで、4月1日から施行される改正高年齢者雇用安定法について知った。

団塊の世代の定年や少子高齢化の進展により、労働力人口の減少が見込まれる中、
同法で企業に対し65歳までの雇用を義務付け、“生涯現役社会”実現へ踏み出す。

雇用延長は(1)定年の廃止、(2)定年延長、(3)退職・再雇用のいずれかとなる。
厚生労働省が従業員300人以上の企業12,020社を対象に取組状況を調査した所、
(1)0.5%、(2)5.9%、(3)93.6%となっているそうだ。(今年1月1日現在)

何は兎も角、65歳までの雇用を促進する風向きだ。35年ローンに少しは安心出来た。
[PR]
by beach-village | 2006-03-27 23:04 | ビジネスと経済