2006年 02月 28日 ( 1 )

2006/02/28(火) 二大政党の時代、はるか遠く。

民主党が、ライブドア前社長・堀江貴文容疑者が武部自民党幹事長の次男への送金を
指示したものと指摘したメールについて「本物では無い」と断定。
遺憾の意を示す党声明を発表、前原誠司代表が記者会見で謝罪を表明した。

メール問題を国会で取り上げた永田寿康衆院議員を「6ヵ月の党員資格停止処分」とし、
永田氏の説明を鵜呑みにした責任と取るとして、野田佳彦国対委員長が辞任した。

e0069848_819359.jpg4点セットで自民党に攻勢をかけた筈の
民主党ライブドア事件追及の幕開けで
守勢に転じ、その力を萎ませてしまった。

永田氏がその真贋を慎重に吟味せずに
情報仲介者の提供情報を鵜呑みにして
国会で質疑した行為は軽率としか言えず
執行部の事後対応も杜撰と言う他無い。

永田氏は質疑後、国会を約1週間に亘り空転させた責任を取り、潔く職を辞するべきだ。
それが此度、国民に与えた政治不信を払拭出来る唯一の道だ。
野党第一党がこれでは日本の未来はどうなる事やら。二大政党の時代、はるか遠く。
[PR]
by beach-village | 2006-02-28 23:47 | 政治