2006年 02月 17日 ( 1 )

2006/02/17(金) 交通機関のカードが増え過ぎて。

e0069848_065725.jpgJR東海が今秋からのICカード「TOICA」導入を発表。
「TOICA」は東海ICカード(TOkai Ic CArd)の略称。
プリペイドタイプの交通用ICカード。
JR東日本は2001年11月から「SUICA」、
JR西日本は2003年11月から「ICOCA」で
同様のサービスを既に導入済。

最近、交通機関のプリペイドカードが勢揃い。
類似したサービスだが、各社、独自性を持たせる為に
ユニークなネーミングで有る。

JR東日本「SUICA」 Super Urban Intelligent CArd
 “スイスイ行けるICカード”
JR東海「TOICA」 TOkai Ic CArd “東海ICカード”
JR西日本「ICOCA」 IC Operating CArd “行こか” 

折角なので、“私鉄王国”関西圏を走る私鉄の各社カード名の由来も整理しておこう。

○スルッとKANSAIグループ 「PiTaPa」 Postpay Ic for ''Touch and Pay''
 “「ピタッ!」と触れると「パッ!」と瞬間的に決済”
 【スルッとKANSAI加盟各社局独自のプリペイドカード名称】
大阪市交通局 「レインボーカード」 市営交通と私鉄とのかけ橋をイメージ。
大阪モノレール 「モノカード」 モノレールの「モノ」と「カード」の掛け合わせ。
北大阪急行電鉄 「レジオンカード」 「レジオン」はフランス語で「地域」の意。
京都市交通局 「都カード」 ※同交通局独自の「トラフィカ京カード」も有り。
近畿日本鉄道  「スルッとKANSAIカード」 ※近鉄独自の「パールカード」も有り。
京阪電車 「Kカード」 京阪のローマ字標記での頭文字「K」。
神戸市交通局 「こうべカード」 こうべ市交通局のカード。
神戸電鉄 「すずらんカ-ド」 「鈴蘭」を含む駅が4駅有る事から。
山陽電鉄 「エスコートカード」 山陽のSと仏語の海岸(コート)をつなげた「Sコート」。
泉北高速 「ブルーライナーカード」 鉄道章(ペットマーク)の色がスカイブルー。
南海電鉄 「コンパスカード」 「コンパス」は英語で「羅針盤」の意。
能勢電鉄 「パストラルカード」  「パストラル」は英語で「田園の」「牧歌的な」の意。
阪急電鉄 「ラガールカード」 「ラガール」はフランス語で「駅」の意。
阪神電車 「らくやんカード」 大阪弁で「楽だ」の意。

各社独自性を追求されるのは大いに結構で有るが、スルッとKANSAIネットワーク路線で
相互利用が出来るのだから、もう少し、判り易くして欲しい様にも思う。
[PR]
by beach-village | 2006-02-17 23:09 | ビジネスと経済