2005年 12月 05日 ( 1 )

2005/12/05(月) 携帯電話への「不安」アンケート。

今日、情報通信インフラとしての普及と遂げた携帯電話端末について、
ITmediaがユーザ側の“不安意識”をレポートにまとめた。

NTTドコモがユーザ5,000人に対して実施したアンケート調査によると、
「携帯電話に対する不安」として挙げられたのは、
e0069848_19191950.jpg・運転中に携帯電話利用による交通事故 (70.9%)
・迷惑メール (67.1%)
・緊急時に繋がらず大切な連絡ができない (55.1%)
・携帯電話会社から個人情報が漏洩 (49.1%)
・電車内の携帯利用によるトラブル (48.1%)
・携帯カメラでの盗撮被害 (46.9%)
・メールやアドレス等の情報がコピーされる (46.1%) など。

また、有効回答数41.6%で「子どもの携帯電話の使いすぎ」が挙げられた。

e0069848_19565354.jpg過日、会社の先輩方と焼肉屋に行った際、
家族で来られている、他のお客さんが居たが…
父親⇒焼肉に夢中。人の話なんて上の空。
母親⇒日頃の積もり積もった話をするのに夢中。
長男⇒ひたすら彼女?との携帯メールに夢中。
長女⇒ひたすら彼氏?との携帯メールに夢中。

子ども達はそれぞれ携帯電話の画面から眼を離さず、ニタニタ笑ってやがる。
私が子どもの頃と言えば、「焼肉=超ハッピー」だったものだが…。(…今でも?)

私はその時、携帯電話は“直の対話”が出来ない“人間型端末操作装置”を作り、
もはや“家族団欒”という言葉は、死語と化してきているようにも感じたので有る。
[PR]
by beach-village | 2005-12-05 23:06 | ビジネスと経済