2006/04/02(日) 毎年この日になったら気になる事。

毎年4月2日に必ず気になる事が有る。
「何故、新学年は4月2日生まれからなのか?」
言い換えるなら、「4月1日生まれが早生まれになるのは何故?」

毎年この疑問を感じつつも、時間が経つが故、気が付けば、
また次の年に思い出すのだが、今年こそ調べてみようと思い、調べてみた。

●民法第143条に「満年齢は起算日に応当する前日をもって満了する」と有る。
 ⇒誕生日の前日で満年齢になる訳だから、4月1日生まれの人は民法上、
  その前日で有る3月31日で満6歳と見做される。

●学校教育法第22条に「満6歳に達した日の翌日以降における最初の学年の
 新学期をもって小学校の就学が始まる」と有る。
 ⇒4月1日生まれの児童は早生まれ扱いで小学1年生、
  4月2日生まれの児童は4月1日に満6歳となるから、翌年4月に入学となる。

学齢は、民法の年齢の数え方に準じているという事か。法学部出身の癖に知らなんだ。
[PR]
by beach-village | 2006-04-02 23:16 | 生活と文化
<< 2006/04/03(月) あ... 2006/04/01(土) エ... >>