2006/01/13(金) 「甘ったれ」は誰?

e0069848_22411380.jpg千葉県浦安市は今月9日、東京ディズニーランド
成人式を行い、新成人を祝福した。
この東京ディズニーランドでの成人式は5回目。
今年は同市の新成人の73%、1,199人が参加。

朝日新聞が10日付夕刊1面のコラム「素粒子」で、
浦安の新成人。遊園地のネズミ踊りに甘ったれた
顔して喜んでるようじゃ、この先思いやられる」と掲載。

これに対し13日、浦安市は市長、教育長名で、
本市の新成人に対する中傷だ」として、
謝罪や掲載に至った経緯等の説明を求める抗議文を
朝日新聞社長宛に郵送したと発表。

浦安市は「新成人が自ら実行委員会を立ち上げ、
皆で考えて作り上げた式だったのに
『ネズミ踊り』との表現は配慮が足りない」としている。

この一連の動きについて、私は次のように思う。

は「新成人が自ら実行委員会を立ち上げ、
 皆で考えて作り上げた式」でさえ有れば、どんな批判も受けさせずに擁護するのか?
 成人とは己の全責任を負う立場で有り、斯様な批判も真摯に受け止めさせるべきだ。

東京ディズニーランド浦安市内に位置するが、浦安市「立」では無い。
 当然、入場や会場設備等に係る費用は市民税によって賄われているだろう。
 それで有れば、全国遍く他市町村の成人式と差異が生じ過ぎるのは如何なものか。

③新成人に肝要なのは、己の全責任を負う立場になった事を自覚する事では無いか。
 その目的を達成させる為には、東京ディズニーランドで行うべきなのか。

特段、東京ディズニーランドで式を催す事に真っ向から反対する訳では無いが、
こういった本質を無視して、「ネズミ踊り」、「甘ったれ」と言われた事にただ抗議する
市長や教育長は、浦安市の新成人の皆さんよりも、はるかに「甘ったれ」なのでは?

…と、少々苦言を述べたくなる、一地方自治体のマスコミ対応について、でした。
[PR]
by beach-village | 2006-01-13 23:30 | 政治
<< 2006/01/14(土) 歳... 2006/01/12(木) 商... >>