2005/12/23(金) 姉歯物件「プラザホテル三田」視察。

耐震強度偽装事件の渦中の人物で有る姉歯秀次氏が関わったとされるホテルが
兵庫県三田市に有る事を知り、話題のニュースから何らかの教訓を得るべく視察。

e0069848_18581629.jpgその名は「プラザホテル三田」。
JR神戸電鉄三田駅から徒歩2分。

同ホテルの構造計算は、
姉歯建築設計事務所が担当。
11月の問題発覚後、三田市
民間検査機関に再調査を依頼、
「安全」との回答を2回受けたが
三田市の独自計算により、
構造計算書の中に6ヵ所、
改ざんと思われる部分が発覚。
そして12月1日の午後から休業。

閑散とした駐車場に車を止め、
玄関口の自動ドアに足を運ぶと、
「お知らせ」の貼り紙が有った。
お知らせ           いつも「プラザホテル三田」をご利用いただきまして、誠にあり
e0069848_1955048.jpgがとうございます。この度、「プラザホテル三田」は構造計算の意図的な操作が認められ、耐震強度基準を満たしていないとの連絡を受けました。これを受け「プラザホテル三田」におきましては、お客様及び近隣住民の方々の安全を第一に考え「耐震補強工事」を行い営業再開することを検討してまいります。お客様及び近隣住民の方々に対しましては大変ご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げますとともにご理解を賜りますようお願い申し上げます。                    平成17年12月22日 プラザホテル三田

ホテル側にしてみれば、構造計算を任されたのが偶然にも姉歯氏だったが為に、
耐震強度を偽造され、営業休止、耐震補強工事をしなければならない訳で、
当然、休業損害や工事費は姉歯建築設計事務所等に請求する事になるのだろう。

姉歯さん、一級建築士の資格も剥奪されましたし、もう人生お終いですね。
証人喚問でも「生活がかかっていたから(偽装を)やった」と答弁されておられたが、
家族や生活がかかっているからこそ、違法行為に手を染めてはならんのですよ。

…と思いながら、再度、いつ強震が起きて崩れるか知れぬ11階建の建物を仰ぎ、
車のキーを差込み、積もった雪を眺めながらハンドルを握った。
[PR]
by beach-village | 2005-12-23 18:57 | ビジネスと経済
<< 2005/12/24(土) 遥... 2005/12/22(木) 雪... >>