2005/10/28(金) RFIDタグを用いた禁煙促進案。

社団法人日本たばこ協会が、全国のタバコの自販機(約62万台)に
2008年中に、「成人識別機能」付き自販機に入れ替えると発表。

ICチップ付きのカードを自販機に設置された読み取り部分にかざせば、
成人として認証され、タバコを買える仕組みにするらしい。

カードは、自販機でのタバコの購入を希望する喫煙者が、
協会に身分証明書のコピーを郵送して発行してもらう。
発行にかかる費用は無料。プリペイド方式も検討しているようだ。
e0069848_0565555.jpg
でも考えてみれば、年間のタバコの売上約4兆円のうち、
自販機売上は約半分。あとは、コンビニやタバコ屋とによるものということだろう。

未成年者喫煙の予防策として、全く効果が無いとは言わないが、
未成年喫煙者がコンビニに行けば、それなりにタバコを買うことは出来るのでは?

また、コンビニでバイトしている未成年喫煙者は、
自分が欲しいタバコを自分で買えてしまうことになるし、
友達に頼まれて、代わりに購入することも出来るのでは?

最近、外見上からも明らかに未成年者であるにも関わらず、
街中、人前で平気で喫煙する風景をよく目にするのは事実だし、
それを黙認してしまっている周囲(もちろん私も含めて)もどうかと思う。

だから、この自販機作戦が功を奏すことを祈ってはいるのだが。

ただ、私としては、どうせRFIDタグを使ったシステムにするのなら、
どの程度の期間ごとにタバコを購入しているかについて、
自販機にかざす度に「購入データ」を書き換えし、
愛煙家はネット上でいつでも何処からでも自由に
最近の喫煙本数」とか「それに対する身体への影響の可能性」とかを
見ることができるようなシステムを構築すれば、
成人を含めた喫煙者数の減少につながるのではないかと思う。
定期的に、煙草購入情報のメール配信サービスを付けるのもイイかも知れない。

ただ斯く言う私自身、かれこれ数年、
なかなか禁煙することが出来ぬままだ
[PR]
by beach-village | 2005-10-28 23:43 | 健康と医学
<< 2005/10/29(土) 愛温計。 2005/10/27(木) 健... >>